コロナウイルスで病院の面会できない方へ(できることまとめ)

新型コロナウイルス

新型コロナウィルスの感染予防で、病院で面会が制限されていたり禁止されていたりします。

入院している家族や友人に会いたいのに会えなくて、いたたまれない気持ちの人も多いと思います。

面会を禁止・制限されている中で入院している家族や友人にできることはないのでしょうか?

何かしたいけど何をすればいいのか分からずに悩んでいる人もいるでしょう。

そこで新型コロナウイルスの影響で面会できないで悩んでいる人の為に、何かできることがないかまとめてみました

スポンサーリンク

コロナウイルスの影響による病院の面会の対応について ネットの声は?

新型コロナウイルスのの感染予防の為、全国の病院で面会が禁止または制限されています。

その対応は病院によって様々です。

パターンとして

  • 家族も含め原則禁止( 入院、退院などの手続き時、検査、手術前後の付き添い時 、小児患者の付き添い時以外禁止)
  • 18歳以上の家族
  • 人数制限を設けている(2親等まで)
  • 時間制限をしている(洗濯物等の受け渡しの際5分程度)

また、産婦人科では

  • 配偶者のみ
  • 配偶者と本人のご両親のみ
  • お産当日のみ

などと決まっているようです。

これについてTwitterでは

終末期やお産の時ですら面会が禁止されていたり・制限されていたりするのですね…。

このツイートを読んでいるだけでも、いたたまれない気持ちになりますね。

入院患者さんも家族や友人とコミュニケーションを取ることで、元気になったりするのに…。

本当にこの悔しさをどこにやっていいのか分からなくなりますね。

一方病院側のツイートで

病院側の言い分も理解できますね。

病院側だって好んで面会禁止にしているわけではありません。
誰もが患者さんの家族や友人にお見舞いに来て欲しいと思っているのです。


新型コロナの感染予防のため致し方ない状況であることを入院患者の家族や友人は理解しなけれあばならないのかもしれませんね。

面会の制限も病院によって違うかもしれんせんが、病院の環境によってどうしても変わってくるのかもしれません。

面会出来ないという規定があるにも関わらず、「面会したい。」などと言ったら、業務に支障をきたして、必要な医療ができない可能性もあります。

なので、この状況で出来ることを考えた方が今は得策かもしれません。

終末期や出産などの患者さんやその家族にとっては、とても残酷な事だとは思いますが、面会出来なくてもこの状況で何か出来ることを考えたいものですね。

スポンサーリンク

入院している家族や友人にできること

では入院している家族や友人にできることってなんでしょうか?

手紙を書いて送る

手紙は何度も読み返せるので、入院している人にとっては嬉しいものです。
電子化している今だからこそ、直筆の手紙は心に届くでしょう。
写真も一緒に送ると良いですね。
ご高齢の方にとっては、お孫さんの写真を見ることで元気になりますよね。

写真を送る

プリントしたり、送ったりするのが面倒という人でも、最近はスマホ内だけでプリントから郵送まで完結するサービスがあります。

これだと、ある程度頻繁に贈るのも簡単ですね。

ご高齢の方は、やはり手に取って見れる写真が馴染みがあるものです。

おすすめのサービスはしまうま写真プリントです。

フォトブックを送る

沢山の写真を送りたい時はフォトブックがおすすめです。

写真が一つの本にまとまっていているので見やすいです。
また、コメントも自由に入れられるので入院している方へのメッセージを入れながら作るときっと喜ばれます。

おすすめのサービスはしまうまフォトブックサイズも4種類あるのでニーズに合わせて選ぶことが出来ます。

写真入りの品物を送る

品物に写真を入れてもらえるサービスがありますよね。

入院生活で使うものでお孫ちゃんの写真入りの品物を贈ると、おじいちゃんおばあちゃんにとっては見るたびにほっこりした気持ちになるでしょう。

おすすめの商品は


↑入院生活は一日が長く。頻繁に時計を見ると思います。
 その度にお孫ちゃんの写真が見れたら癒されて退屈さも紛れますよね。


↑写真に入りのクッションも良いですね。


↑タオルハンカチも何かと使うき機会があるのでおすすめです。


↑タンブラーを使う方にはこういった商品もおすすめです。

手紙や写真、品物を郵送する時には病院に送って良いか電話で確認してから送るようにしましょう。

認知症などで文字が読むのが難しかったりする場合は、読んでもらえるかなども聞いてみてもいいかもしれませんね。  

入院している方がスマホやタブレットなどを持っていて、テレビ電話が可な場合は、なるべく電話をしてあげたいですね。

入院中は本当に退屈です。  

特に今は新型コロナの影響で、院内でも色んな事が制限されていると思います。

頻繁にメールや動画を送ってあげたり、暇つぶしになるものをを送ってあげたりする喜ばれると思います。

スマホやタブレットを持っていない方には、人数制限や時間制限で誰かしら会えるのであれば、家で撮ったお孫ちゃんの写真や動画を見せてあげると良いですね。

こんな手紙が送られてきたら嬉しくて何度も見てしまいますね。

後悔のないように、今、自分にできる精一杯のことをしたいですね。

スポンサーリンク

コロナウイルスで病院の面会できない方へ(できることまとめ)

新型コロナウイルスの影響で、家族や友人の面会に行けなくて悔しい思いをしている人がたくさんいると思います。

行き場のない思いで苦しんでいる人もいると思います。

「何で…?」という気持ちもあるかもしれません。

でも、今の状況を冷静に受け止め、こんな状況でも自分にできることを見つけて後悔のないようにして欲しいです。

また、何かいい方法が思いついたら追記しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました