『炎』の読み方は?Lisaが歌う鬼滅の刃の主題歌は「ほのう」ではない!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大ヒット中のLisaが歌う鬼滅の刃の主題歌『炎』。

みなさん、なんて読むかご存じですか?

歌番組を見ていて初めて知ったという人も多いと思います。

こちらではLisaが歌う鬼滅の刃の主題歌『炎』の読み方について解説していきます。

スポンサーリンク

Lisaが歌う鬼滅の刃の主題歌『炎』の読み方は?

Lisaが歌う鬼滅の刃の主題歌『炎』ですが、読み方は「ほむら」です。

知っていましたか?

普通に読んだら「ほのお」なので、間違って読んでいた人も多いはずです。

「ほむら」なので、これを機会に覚えて「Lisaのほのうってさ~。」みたいな発言をして恥をかかないようにしましょう(笑)。

スポンサーリンク

『炎』(ほむら)ってどういう意味?

では、『炎(ほむら』ってどういう意味なのでしょうか?

 

その前に、『炎(ほのお)』の意味を調べてみると…

「火 (ほ) の穂」の意で、

 気体が燃焼したときの、熱と光を発している部分。
 ねたみ・怒り・恋情など、心中に燃え立つ激しい感情をたとえていう語。

です。

 

次に『炎(ほむら)』の意味を調べてみると…

「火 (ほ) 群 (むら) 」の意で、

ほのお。火炎。

 ねたみ・怒りなどの激しい感情や欲望で燃えたつ心をたとえていう語。

です。

 

ほぼ、同じ意味のように感じますが、『炎(ほむら)』の方が、激しいねたみや怒りを表しているように思えますね!

Lisaさんが歌う『炎』からもその様子が伺えます。

感情が伝わってきて、涙が…。

スポンサーリンク

Lisaが歌う鬼滅の刃の主題歌『炎』についてTwitterでは?

Lisaさんの『炎』の読み方についてTwitterの声を集めてみました。

やっぱり「ほのお」と読んでいた人多数!

きっとみんな初め見た時は「ほのお」って呼んでますよね。

「ほむら」という読み方があることを知っている人の方が少ないかも。

でも、今どきの小学生は「ほむら」という読み方から覚えるかもしれませんね~。

テストで「ほむら」って書く子多そう…。

スポンサーリンク

『炎』の読み方は?Lisaが歌う鬼滅の刃の主題歌は「ほのう」ではない!

Lisaが歌う『炎』の読み方は「ほむら」でした。

大ヒット曲で覚える読み方もあるんですね。

いや~本当に勉強になりました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました