フェイスシールド(口元のみ)の作り方は?簡単な方法を紹介!

フェイスシールドは新型コロナウイルスの感染予防対策として、医療現場や飲食店など様々なところで使用されています。

そんなフェイスシールドを手作りする人もいるようですが、口元のみのフェイスシールドも作れるのでしょうか?

作り方の情報が少なかったので、こちらでは口元のみのフェイスシールドの作り方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フェイスシールド(口元のみ)の作り方は?

材料は

・100均のソフトカードケース
・マスクゴム
・A4の紙(型紙用)

です。

作り方はこちら↓

ソフトな素材なので痛くなく、怪我の心配もありません。

アゴで支える部分と本体が別になっているので、本体部分は口から離れていて空間ができているため呼吸がしやすい作りとなっております。

透明なので、顔や口元もよく見えるため、口の動きを確認したい時や、表情を見たい時に良いですね。

飛沫ある程度防止できますが、隙間も多いので、完全に感染を予防できるわけではありません。

マスクなどでは不都合な時に、使用すると良いでしょう。

スポンサーリンク

フェイスシールド(口元のみ)を作った人の感想は?

ハードのカードケースで作った人もいました。

ペットボトルでも作れるのですね!

作り方は様々です。

スポンサーリンク

フェイスシールド(口元のみ)の作り方は?簡単な方法を紹介!(まとめ)

口元のみのフェイスシールドの作り方を紹介してきましたがいかがでしたか?

簡単に作れるので、買うのはちょっと…と思っている方は是非作ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました