七五三のお祓いしないでも大丈夫?お祓いをしてもらう理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

我が子が生まれてから、様々なお祝い事がある中でも大きなイベントの一つの七五三。

七五三といえば、神社でお祓いをするのが一般的だと思われがちですが、中には様々な都合で、お祓いをしてもらうのが難しい親御さんもいるでしょう。

そこで、七五三をする意味やお祓いをしてもらう理由など改めて考えてみて、お祓いの必要性についてもう一度考えてみませんか?

お祓いをしてもらうのが難しい親御さんが、「お祓いは必ずしも必要か?」考えてみることによって、「お祓いができない場合はどうしたらいいか?」の判断材料になるといいですよね。


せっかくの我が子の大切な成長の1ページ。
しっかりと理解した上で何らかの形でお祝いしてあげたいですよね。

どうしても都合がつかずに、お祓いができない親御さんのために、「七五三のお祓いはしないでも大丈夫なのか?」ついてまとめてみました。

スポンサーリンク

七五三をする意味は?

七五三をする意味は様々あり、地域によっても風習や考え方が違います。

しかし、簡単に大きくまとめると、

我が子のこれまでも成長に感謝し、これからの健やかな成長と幸せを願うこと

です。

子どもにとっても、なんだか自分がお兄さん、お姉さんになったような、特別な日になることでしょう。


また、パパ、ママにとっても子供が生まれてからの日々を振り返る良い機会となるでしょう。

日常に追われて気が付けなかった我が子の成長ぶりだったり、毎日頑張っている自分を褒めてあげたり、夫婦のお互いへの感謝の気持ちだったりを、ゆっくりと考えることができると思います。

そしてまた明日から家族みんなで頑張っていこう、我が子を守っていこうというエネルギーに繋がることも大きな意味を持つと思います。

スポンサーリンク

 お祓いとは何か?

 

お祓いとは…

病気や怪我、死などの不幸なことに遭わないように、そのような良くないものを神社で取り払ってもらう行為

のことです。

よく「今年は厄年だ」なんていいますよね。

厄年とはその人に不運なことが起こりやすい年というものですが、そういう時にも神社でお祓いをしてもらうことで厄年の不運から身を守るという意味があります。

その他にも霊感が強い人や、事故物件で不思議な体験をした時などにするイメージが強いですよね。


子どものお祓い行事といえば、お宮参り、百日祝い、七五三など意外と多くあります。

子どもに関するお祓いは特に、我が子に健康に幸せに人生を歩んでほしいことから、普段興味がないパパ、ママもお祓いをしてもらう方向で話を進めることが多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

七五三でお祓いをしてもらう理由は?

七五三でお祝いをしてもらいる理由は、一般的には

健康に安全に成長してほしいから

という理由が多いと思います。

普段、霊や神様などを信じていない人でも、神社でお祓いをしてもらうことで、我が子が不運から逃れ、幸せになってくれるのであればそれに越したことはないと思うのではないでしょうか。


その他には、単純に子どもの成長の節目をお祝いしたい、楽しみたいという理由でお祓いをしてもらう方も多いのではないかと思います。

小さい子供が袴や、振袖を着る機会なんて滅多にありません。
その為、親子の思い出作りとして晴れ着姿で神社に出向き、写真をとったり、食事会をしたり、七五三という特別な日をイベントとして家族で素敵な思い出を作りたいというのも理由としてあると思います。

スポンサーリンク

七五三のお祓いしないでも大丈夫?

七五三のお祓いは必ずしも必要ではありません

もちろん、行事を大切にすることは大切なことです。

きちんと神様に子供が生まれてからの成長を報告し、感謝の意を表して、これからも我が子の健やかな成長を祈願することは素晴らしいと思います。

すべての子を持つ親が、できることなら全てしてあげたいと思っているのではないでしょうか。

しかし、一番大切なことは親の気持ちです。

もともと親の子どもへの愛情を形にしたものが七五三です。

親が普段から愛情をもって子育てをし、健やかな成長を心から願っていれば神様にはその気持ちは伝わっているでしょうし、その気持ちだけでも十分子どもへの愛情を感じられます。

どれだけ豪華は袴や振袖を着せて、大きな神社でお祓いをしてもらったとしても、そこに子どもへの気持ちがなければ意味がないと思いませんか?

大切なことは形式ではなく、親が子を思うその愛情こそ、一番必要なことなのです。

スポンサーリンク

七五三のお祓いしないでも大丈夫?お祓いをしてもらう理由(まとめ)

七五三のお祓いをとても大切に考えている方もいます。
その一方で、しないよりはした方がいい、ぐらいに考えている方もいます。
形式ばったものなんて必要ないと思っている方もいるでしょう。

それはぞれぞれで、家族によっていろんな形があっていいと思います。

お祓いをしたいけれど事情があってできない、という方もいると思います。

そういう場合は写真館で写真撮影だけするという手もあります。
お祓いはできなくても一生に一度しかない子どもの成長の節目を形にだけでも残せたらいいですよね。写真撮影も難しいのなら、家族親戚で集まって食事をするだけでも素敵な思い出になると思いますよ。

一生に一度の我が子の七五三。

一番大切なのは、親が子どもを思う気持ちです。

後悔のないように、ご自分の家族にあった形でお祝いができるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました