ベースブレッドの賞味期限切れはどれくらい食べられる?長持ちさせるには?

 

ベースブレッドはウッカリすると賞味期限が切れていた!なんてこともあるので、食べても大丈夫?と心配になることもありますよね。

賞味期限切れのベースブレッドはどれくらい食べられるのでしょうか?

また、美味しく食べるには保存方法にコツがあります。

この記事では保存方法のほか、食べたらダメな場合についてもご紹介します♪ 

 

ベースブレッドの賞味期限切れはどれくらい食べられる?

ベースブレッド
楽天市場⇒BASE BREAD プレーン 16袋入り

 

賞味期限が切れてしまったベースブレッドは1週間ほどならOKです。

賞味期限は「美味しく食べられる期限」なので、期限が切れても匂いや味に変化がなければ1週間程度なら基本的には大丈夫。

ですがそれは未開封の場合です。

1度封を開けた物や食べかけはもちろん、正しい保存方法ではなかった場合にも期限を問わず腐ってしまうこともあります。

 

見た目や食べてみた時に味や匂いに違和感がある場合は処分しましょう。

ベースブレッドの賞味期限は何で長いの?

 

ベースブレッドの長い賞味期限は、包装や製法への工夫で実現しているんです。

期限が長い食品には保存料が使われていることが多いんですが、ベースブレッドには使われていません。

 

公式サイトを見ると、ベースブレッドは水分や酸素の工夫だけで常温での長期保存を実現させているんだとか。

 

水分については明らかにされていないため詳しくはわかりませんでしたが、酸素のコントロールは包装についている「脱酸素剤」がカギになっています!

 

ベースブレッドのパッケージ内部に付けられた脱酸素剤がカビが防ぐだけでなく、パンの酸化も防いでくれるため美味しさもキープできます。

 

ベースブレッドの保存方法は?

ベースブレッド
楽天市場⇒【低糖質】BASE BREAD

 

でも常温て何度なの?30℃を超える真夏でも常温って言えるのかも気になりますね。

 

ベースブレッドの保存方法について詳しくご紹介します。

 

常温

 

ベースブレッドは次の条件に近い場所で保存しましょう。

  • 温度の変化が少なく涼しい(15~20℃)場所
  • 直接日が当たらない場所
  • 高温多湿はNG

 

夏で気温が35℃を超えるような日には室温も20℃を大きく超えてしまいますよね。

また、梅雨の時期も湿気が気になります…。

 

 

こうした心配がある時期には冷凍で保存することもできます!

 

冷蔵

 

ベースブレッドをはじめとしたパン全般は冷蔵保存はNGとされています。

なぜなら冷蔵庫内は温度が低いため、パンに含まれるデンプンが老化して固くなりやすいため。

 

ベースブレッドの公式サイトにも味が劣化する可能性があると書かれているので、やはり冷蔵保存は避けたほうが良いでしょう。

 

冷凍

 

ベースブレッドを賞味期限内には食べきれない時は冷凍庫で保管しましょう。

また、傷みやすい時期にもベースブレッドは冷凍保存すれば安心です。

 

冷凍した場合の一般的なパンの保存期間は最長でも1カ月ほどで、美味しさを求めるなら2週間までが目安のようです。

ですがベースブレッドを冷凍した場合「賞味期限から1週間が目安」とメーカーにすすめられたとの情報もあり、早めに食べ切ることをおすすめします!

また、せっかく冷凍保存してもやり方を間違えるとパサパサになったり固くなってしまうこともあります。

 

正しい冷凍保存のやり方と解凍の仕方についてもご紹介していきます!

 

ベースブレッドの冷凍方法を紹介!

冷凍庫の中

 

 

ベースブレッドを冷凍保存するときのポイントは、きちんと密閉することです。

美味しさをキープできる冷凍保存の方法をご紹介していきます。

 

冷凍方法

 

ベースブレッドのパッケージが開いたまま包装ごと冷凍してしまうと、乾燥が進んでパサパサに。

開封した後に冷凍保存する場合は、ラップでベースブレッドを1つずつ包んでからジップロックなど入れてから冷凍庫へ
ジップロックで冷蔵庫からのニオイ移りを防ぐ効果があります。

 

ラップとベースブレッドの間に空気が入らないようピタっと密着させて包んでくださいね!

 

パッケージを開けていないものならパッケージごと冷凍庫に入れてOKです。

 

解凍方法

 

ラップで包んで冷凍したベースブレッドを解凍する場合はラップを外してから電子レンジで加熱しましょう。

未開封でパッケージごと冷凍したものは袋を開けて脱酸素剤を出してから。

 

電子レンジでの解凍の目安はどちらも500W1分です。
 

 

 

ですがおうちのレンジによって加減が違い、好みの食感もそれぞれですよね。

1分温めたら固くなってしまったという口コミもみられたので、加熱時間は調整が必要のようです。

 

ベースブレッドは腐ったらどうなる?

 

ベースブレッドは腐るとカビが生えることがあります。

ベースブレッドの腐った時のサインはカビ以外の情報は確認できませんでしたが、参考までに傷んだパンの変化について調べてみました。

 

パンが腐ったときのサインには

  • カビが生える
  • 糸を引く
  • 発酵臭、酸っぱいニオイ
  • 味に違和感がある

などの変化があります。

 

 

カビが生えていなくても匂いや味が変化していたらやめておきましょう。

賞味期限切れの腐ったベースブレッドを食べたらどうなる?

 

賞味期限が切れて腐ったベースブレッドは腹痛や食中毒の原因になることも考えられます。

消費期限だけでなく、賞味期限切れのパンを食べて腹痛、嘔吐などで苦しんだり、保存の仕方によっては賞味期限内でも同じような症状が出るケースも。

ベースブレッドも傷んでしまっていれば同じような症状が出ると考えられますね…。 

 

賞味期限切れのベースブレッドを食べた人の体験談

 

賞味期限切れのベースブレッドを食べた人の体験談を調べてみました。

 

賞味期限切れ1週間程度なら美味しく食べているという声があります。  

 

ベースブレッドは賞味期限が切れるともっちり感がなくなるんですね。。。

 

期限がわからない物を口にして腹痛を起こすこともあるため、冷凍庫に入れるときは日付メモは必須です!

 

ベースブレッドは賞味期限が切れていても1週間程度なら美味しく食べられます。

 

食べきれないかも…と心配になった時点で、早めに冷凍保存してしまうと良いですね!

 

ベースブレッドのアレンジレシピを紹介!

 

ベースブレッドは合わせる食材を変えて色々アレンジすると飽きずに楽しむことができます!

バーガーサンド

 

半分に切ったベースブレッドに好きな具材をサンドしてかぶりつきましょう!

合わせる具材やソースで無限の組み合わせができるから飽きることはなさそうです♪

 

パンケーキ

 

チョコ×キャラメルやクリームにアイス、フルーツもトッピングすれば見た目も華やかでテンションも上がりそう♪

 

キャラメルやハチミツなどトロリとした食材とベースブレッドは相性抜群です!

 

ベースブレッドくり抜きシチュー

 

器ごといただけてボリュームも栄養も満点!

中に入れるシチューを変えてバリエーションも増やせそうです。

 

ベースブレッドの賞味期限が長い販売サイトは?

 

ベースブレッドの賞味期限が長い商品は公式サイトで購入することができます。

 

公式サイトにはベースブレッドの賞味期限について「お届けから約1ヶ月」とありますが、対してAmazonなどの通販サイトでは長くても2週間ほど。

 

 

ベースブレッドを買うなら賞味期限が長い公式サイトからがおすすめです!

 

 

公式サイトはこちら⇒初回限定20%OFF!完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット

チェックしてみてくださいね!

 

まとめ:ベースブレッドの賞味期限切れはどれくらい食べられる?長持ちさせるには?

 

今回はベースブレッドの賞味期限切れについてご紹介しました。

  • ベースブレッドの賞味期限切れは1週間程度なら食べられる
  • 常温保存でOK
  • 食べきれない、夏場、梅雨などは冷凍保存、冷蔵はNG
  • 腐ったサインはカビ、食べると腹痛、嘔吐などの症状が出る
  • ベースブレッドを買うなら賞味期限が長い公式サイトからがおすすめ

公式サイトはこちら⇒初回限定20%OFF!完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット

ベースブレッドは一度買えば長く保管できるのでまとめ買いもしやすいですね。

忙しい方なら、賞味期限が切れてた!と焦る前に早めに冷凍庫で保管しちゃいましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました