ケンタッキーの数え方は?オリジナルチキンは部位によって換算方法が違うって本当?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケンタッキーフライドチキンといえば、オリジナルチキンですよね!

みなさんはケンタッキーのオリジナルチキンの数え方を知っていますか?

部位によって形や大きさが異なるだけではなく、実は数え方も違うのです。

注文する個数によって、入る部位が異なってくる場合もあるのです。

一体、どういうことでしょうか?

こちらでは、ケンタッキーのオリジナルチキンの数え方について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

ケンタッキーのオリジナルチキンの数え方について

この投稿をInstagramで見る

ケンタッキーフライドチキン(@kfc_japan)がシェアした投稿

そもそも、ケンタッキーのオリジナルチキンは1ピース2ピースと数えますよね。

「ピース」という単位は、ひときれ、ふたきれ など分割した物の数え方です。
1部分という意味もありますね。

ケンタッキーオリジナルチキンは1羽を切り分けて使っているので、そのように表記されています。

中にはこんな人もいます(笑)。↑

さらに

このような経験をされている方もいるので、「ワンピース」「ツーピース」「スリーピース」というのが正しいようです。

スポンサーリンク

ケンタッキーのオリジナルチキンの数え方は部位によって違う?

この投稿をInstagramで見る

ケンタッキーフライドチキン(@kfc_japan)がシェアした投稿


ケンタッキーのオリジナルチキンの数え方ですが、実は部位によって数え方が違うのです。

換算方法が違うということですね。

ます、簡単に部位の説明をします。

ケンタッキーのオリジナルチキンは5つの部位に分かれています。

  1. キール(胸)
  2. ウイング(手羽)
  3. リブ(あばら)
  4. サイ(腰)
  5. ドラム(脚)
この投稿をInstagramで見る

ケンタッキーフライドチキン(@kfc_japan)がシェアした投稿

それぞれの数え方は

サイ……1.5
キール……1
リブ……1
ドラム……1
ウィング……0.5
となっております。
なので、1ピースの注文の場合
キールまたはリブまたはドラム
となります。
2ピース注文の場合
キール①+リブ
リブ①+ドラム
ドラム①+キール
または
サイ(1.5)+ウイング(0.5)
という組み合わせになります。
この投稿をInstagramで見る

ケンタッキーフライドチキン(@kfc_japan)がシェアした投稿

なので、ウィング(0.5)は単品で提供されることはなく、大きなサイ(1.5)と一緒に提供されることが原則となります。
3ピース以上の注文の時も同じ考え方になりますね。
さらに、バランスよく提供するのがケンタッキーの基本的なルールとなっているようなので、
例えば、ドラムばっかり入っているということはないのです。
この基本的な数え方とバランスよく注文するというルールさえ覚えておけば、自分の希望が通る場合もあるようです♪
もう一度復習すると
・サイ……1.5
・キール……1
・リブ……1
・ドラム……1
・ウィング……0.5
サイは大きいので1.5
ウィングは小さいので0.5
それ以外は1と覚えれば、覚えやすいですね。
スポンサーリンク

ケンタッキーの数え方は?オリジナルチキンは部位によって換算方法が違うって本当?(まとめ)

ケンタッキーのオリジナルチキンは全部で5つの部位に分かれており、数え方は1ピース、2ピースです。

また、部位によって換算方法が違うので、覚えておくと注文の時にリクエストしやすいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました