スポンサーリンク

SKIO(スキオ)とオバジの美容液の違いは?どっちがおすすめ?

スポンサーリンク

ビタミンCを使ったアイテムといえばロート製薬のSKIO(スキオ)と オバジシリーズが人気ですよね!

今回はスキオとオバジの美容液の違いを見た目・成分や効果・値段や容量・使用感・口コミなどで比較してみました。

同じロート製薬から出ている商品でどっちを選べばいいかわからない、自分にはどっちがいいんだろう…と悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

SKIO(スキオ)とオバジの美容液の見た目の違いは?

SKIO(スキオ)とオバジの美容液の見た目の違いをまとめてみました。

 

SKIO(スキオ)の美容液の見た目

SKIO(スキオ)の美容液の見た目は白いボトルに黒い蓋、ロゴの入っている部分が黄色かピンクの帯状になっています。
ロゴの入っている部分の色はシリーズの違いです。

SKIO VC ホワイトピールセラム ロート製薬

黄色:ホワイトピールシリーズ(シミや毛穴に特化したシリーズ)
   ※シミ・美白:メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
   ※毛穴:うるおって毛穴を目立たなくする
ピンク:リンクルクリアシリーズ(シワやハリに特化したシリーズ)

ポップで可愛らしい感じの見た目が特徴です。

 

オバジの美容液の見た目

オバジの美容液の見た目はSKIO(スキオ)と比べると高級感のある見た目が印象的です。

オバジの美容液

  • オバジC5セラム・オバジC10セラム:茶色の瓶にシルバーのラベル
  • オバジC20セラム:茶色の瓶のゴールドのラベル
  • オバジC25セラム ネオ:やや黄色がかった茶色の瓶の黒のラベル

 

SKIOの販売店についてはこちらでご紹介しています。
SKIO (スキオ)どこで売ってる?取扱店舗を調べました!

こちらもチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

SKIO(スキオ)とオバジの成分や効果の違いは?

SKIO VB リンクルクリアセラム

2つのシリーズの美容液を比較するとSKIO(スキオ)が医薬部外品であるのに対して、オバジは化粧品であるところが大きな違いです!

その他細かい成分や効果の違いはこちら↓

 

SKIO(スキオ)の美容液の成分や効果

主な成分はピュアビタミンC(アスコルビン酸:美白有効成分です。
その他サリチル酸や緑茶エキスなどのうるおい成分も配合。

シミ・毛穴・導入を一気に叶えてくれる黄金比になっていて、ロート製薬独自の浸透技術を駆使しています。

オバジとは違って化粧水いらずでケアを完了させてもOKです♪
もちろんよりしっかりケアがしたい人はSKIO(スキオ)の美容液の後に通常のスキンケアをするのも◎

 

オバジの美容液の成分や効果

主な成分はピュアビタミンC(アスコルビン酸:製肌保湿成分)とビタミンE(トコフェロール:保湿成分)

ビタミンCの濃度が高いほど”C”の後についている数字が大きいです。

SKIO(スキオ)のような医薬部外品は有効成分の配合量の限度がありますが、オバジは化粧品なのでその限度がありません。
なので、SKIO(スキオ)よりも高濃度にビタミンCを配合することが可能なんです!

 

オバジシリーズは化粧水の後に使う美容液でキメやざらつき、毛穴※などのさまざまな肌悩みにアプローチしてくれます。
※潤いを与え、毛穴の目立ちにくいなめらかな肌へ

シリーズ最高級の『オバジC25セラム ネオ』はハリなども加えた5大効果が期待できるそう♪

 

スポンサーリンク

SKIO(スキオ)とオバジの美容液の値段や容量の違いは?

オバジ C20セラム  15ml (美容液)

SKIO(スキオ)とオバジの美容液の値段や容量をアイテム別に一覧にしてみました。

 

SKIO(スキオ)の美容液の値段や容量

  値段 容量
ホワイトピールセラム 5,280円(税込) 26ml
リンクルクリアセラム 6,380円(税込) 24ml

朝晩使用で45日分の量になっていて、1回の使用量の目安はセラムは6〜7滴。
結構たっぷりめに使うのに1ヶ月半ほど持つのはなんだかおトクな気がしますね!

 

オバジの美容液の値段や容量

  値段 容量
オバジC5セラム 3,300円(税込) 12ml
オバジC10セラム
(レギュラーサイズ)
4,400円(税込) 12ml
オバジC10セラム
(ラージサイズ)
7,700円(税込) 26ml
オバジC20セラム 8,800円(税込) 15ml
オバジC25セラム ネオ 11,000円(税込) 12ml

1回の使用量の目安はセラムは3〜4滴で、一般的な美容液と同じぐらいです。

オバジCはSKIO(スキオよりも)アイテムが多くあるので自分の目指す肌に合わせてさまざまなビタミンC濃度から選べます!

ごく稀ではありますが、敏感肌の人や肌に赤みなどのトラブルがある状態で濃度の高いものを使うとひりつきなどの肌トラブルに繋がる可能性があるので注意してくださいね。

 


SKIO(スキオ)とオバジの美容液の使用感の違いは?

SKIOの美容液

SKIO(スキオ)とオバジの美容液の使用感の違いアイテム別にまとめてみました。

 

SKIO(スキオ)の美容液の使用感

ホワイトピールセラム:オイルっぽい感じでややとろみあり
リンクルクリアセラム:しっかりめのとろみばがみずみずしい付け心地

ホワイトピールシリーズは爽やかな柑橘系の香り、リンクルクリアシリーズはフローラル系のふんわりした香りがします♪

よりしっとりとした仕上がりがお好みの人はリンクルクリアシリーズがおすすめです。

 

オバジの美容液の使用感

オバジC5セラム:セラムの中で一番さらっとした使い心地
オバジC10セラム:オバジC5セラムよりもややオイルっぽい
オバジC20セラム:少しとろみのあるオイルのような付け心地
オバジC25セラム:オバジC25セラムよりもややとろっとしていて肌にすっとなじむ
        (使いはじめは若干ぴりつきがありました)

オバジCシリーズはさっぱりとしたグレープフルーツの香りがします☆

ベタつくほどではありませんが、オイリーな感じが苦手な人は一番ビタミンC濃度の低い『オバジC5セラム』から挑戦するといいですよ。

 

SKIO(スキオ)とオバジの美容液の口コミの違いは?

SKIO(スキオ)とオバジの美容液の口コミの違いはこちら↓

 

SKIO(スキオ)の美容液の口コミ

ビタミンCが入っているセラムあるあるの『キシキシ感』がないのは嬉しいですね!
洗顔後つっぱらないブーストジェルウォッシュや伸びのいいゲルもついたトライアルセットでお試しできるのも◎

 

オイルのように濃厚でありながらもすっと伸びる使い心地も人気の一つ☆
爽やかな柑橘系の香りで朝晩のスキンケアが楽しくなりそうですね!

 

SKIO(スキオ)はオイルや保湿系の美容液のような使い心地で好評♪
ビタミンC系の美容液やセラムは独特のキシキシ感が気になるものもありますもんね…。
トライアルキットの販売があるのでライン使いを考えている人もまずはお試しできる手軽さも魅力的です。

楽天→SKIO VC トライアル セット

 

オバジの美容液の口コミ

オバジCシリーズは全国各地の薬局やドラッグストアで手軽に買えるのが便利ですよね。

美容オタクさんが太鼓判を押すのも納得の使い心地でリピートしたくなる気持ちもすごくわかります♪

 

さらっとしているので朝のメイク前にも使いやすいですよね。
肌がピンと張るような感じがすると気分まで前向きになれそう☆

 

オバジCはビタミンC系のセラムや美容液特有のピリつきなどの刺激が少なく、使う人を選ばないテクスチャーが人気のようです♪
美容オタクさんや元基礎化粧品迷子さんからも支持されていて、化粧崩れのしにくさにも定評があります!

 

SKIO(スキオ)とオバジの美容液はどっちがおすすめ?

オバジの美容液

SKIO(スキオ)とオバジの美容液でそれぞれおすすめな人をまとめてみました。
自分にはどっちが合ってるのか気になる人は参考にしてみてくださいね!

 

SKIO(スキオ)の美容液がおすすめな人

  • 洗顔後の後に使うセラムを探している人
  • 化粧水いらずでスキンケアを完了させたい人
  • 少しでもスキンケアにかける時間や手間を減らしたい人
  • ビタミンCの濃度が高いセラムには抵抗がある人
  • まずはトライアルキットで気軽にはじめてみたい人

オバジの美容液がおすすめな人

  • 化粧水の後に使うタイプのセラムを探している人
  • さまざまなアイテムを組み合わせて念入りにスキンケアがしたい人
  • 毛穴やシミ以外にも肌悩みがある人
  • 特に毛穴や顔全体のくすみなど年齢肌による悩みが気になる人
  • よりビタミンCの濃度の高いアイテムを探している人

 

まとめ:SKIO(スキオ)とオバジの美容液の違いは?どっちがおすすめ?

今回はSKIO(スキオ)とオバジの美容液の違いを見た目・成分や効果・値段や容量・使用感・口コミなどで比較してみました。

  SKIO(スキオ) オバジC
  SKIO VC ホワイトピールセラム ロート製薬 オバジの美容液
成分や効果

ピュアビタミンC
(美白有効成分)

肌の奥まで成分が行き渡りやすい状態にしてくれる

ピュアビタミンC
(整肌保湿成分)

ビタミンE
(保湿成分)

キメやざらつき、毛穴※などのさまざまな肌悩みにアプローチ
※潤いを与え、毛穴の目立ちにくいなめらかな肌へ

値段 5,280円(税込)〜 3,300円(税込)〜
使用感 とろみあり さらっとしている
口コミ オイルや美容液のようなしっとり感が好評 刺激が少なくさらっとした付け心地が好評

SKIO(スキオ)とオバジの美容液でそれぞれおすすめな人をいくつかピックアップしましたが

  • SKIO(スキオ):毛穴やシミなどに使えて時短にもなるスキンケアアイテムを探している人
  • オバジ:毛穴や顔全体のくすみなど年齢肌が特に気になる人

におすすめだと思います。

 \SKIOの美容液を購入する /

楽天市場SKIO セラム

AmazonSKIO セラム

 \オバジの美容液を購入する /

楽天市場オバジ 美容液

Amazon⇒オバジ 美容液

自分にはどっちが合うのかな?と悩んでいる人の参考に少しでもなると嬉しいです♪

 

SKIOの販売店についてはこちらでご紹介しています。
SKIO (スキオ)どこで売ってる?取扱店舗を調べました!

気になる方はチェックしてみてくださいね。

化粧品商品生活
スポンサーリンク
ysonmuf10wermerkをフォローする
スポンサーリンク
ラフスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました