キュレルのクリームの違いは?フェイスクリームやモイスチャーバームと比較!

本サイトではアフィリエイト広告等を利用している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮し作成していますのでご安心ください。詳細については消費者庁ホームページをご覧ください。
キュレルのクリームの違いは?フェイスクリームやモイスチャーバームと比較! その他生活用品・グルメ

キュレルのクリームには普通のクリームとモイスチャーバーム、さらに顔用のフェイスクリームがあります。

普通のクリームやモイスチャーバームは全身用なので顔にも使用できるので、どれを購入しようか迷ってしまいますよね。

成分や効能はどう違うのでしょうか?

また、値段によってもどちらを購入するかの判断材料にもなりますよね。

こちらでは、キュレルの「クリーム」と「モイスチャーバーム」、「フェイスクリーム」の違いについて解説していきます。

楽天お買い物マラソン開催中!!
ショップ買いまわり&ラクマ購入でポイント最大9倍※エントリー必須
2024年4月14日(日)20:00~2024年4月17日(水)01:59
エントリーはこちらから>>>
スポンサーリンク

キュレルのクリームの外観の違いは?

まずはキュレルの「クリーム」と「モイスチャーバーム」、「フェイスクリーム」の外観の違いについてみていきます。

クリーム

モイスチャーバーム
​​​

フェイスクリーム

デザインも異なりますが、容量に関してはクリームは90gモイスチャーバームは70gフェイスクリームは40gとなっています。

スポンサーリンク

キュレルのクリームの成分の特徴や効能の違いは?

次に成分の特徴や効能の違いはどうでしょうか?

クリームの成分の特徴

・弱酸性 ・無香料 ・無着色

・アルコールフリー(エチルアルコール無添加)

出典:キュレル公式サイト

※アレルギーテスト済みで、赤ちゃんのデリケートな肌にも使えます。

クリームの効能

・肌荒れ
・荒れ性
・皮フの乾燥を防ぐ
・皮フを保護する
・ひび・あかぎれ・しもやけを防ぐ
・皮フにうるおいをあたえる
・皮フをすこやかに保つ
・肌を整える
・かみそりまけを防ぐ

出典:花王製品カタログ

 

モイスチャーバームの成分の特徴

 

・弱酸性 ・無香料 ・無着色
・アルコールフリー(エチルアルコール無添加)

出典:キュレル公式サイト

※アレルギーテスト済みで、赤ちゃんのデリケートな肌にも使えます。

クリームと同じですね。
モイスチャーバームの効能
 
・肌荒れ
・荒れ性
・皮フの乾燥を防ぐ
・皮フを保護する
・ひび・あかぎれ・しもやけを防ぐ
・皮フにうるおいをあたえる
・皮フをすこやかに保つ
・肌を整える
・かみそりまけを防ぐ
日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ
 
効能はクリームの効能に加え「日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ」という効果が追加されています。
モイスチャーバームは得に保湿力が高いです。
 
フェイスクリームの成分の特徴
 

・弱酸性 ・無香料 ・無着色
・アルコールフリー(エチルアルコール無添加)
・アレルギーテスト済み
乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み

出典:キュレル公式サイト

全身用のクリームやモイスチャーバームの特徴に加え、乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテストが実施されていますね。

フェイスクリームの効能については製品カタログには記載されていませんが、「潤浸保湿 フェイスクリーム 」との記載があるので、高い保湿力があると考えられますね。

この3つの商品に共通して

潤い成分(セラミド機能成分、ユーカリエキス)を含んでいます。
また、いずれも消炎剤配合で肌荒れを防ぎます。
スポンサーリンク

キュレルのクリームの値段の違いは?

ではキュレルのクリーム、モイスチャーバーム、フェイスクリームはそれぞれいくらなのでしょうか?

クリーム(90g)⇒1,500円
モイスチャーバーム(70g)⇒1,800円
フェイスクリーム(40g)⇒2,300円
※マツキヨオンラインを参考にしています(税抜価格)
 
1g当たりに換算すると
クリーム16円
モイスチャーバーム25円
フェイスクリーム57円
値段に差がありますね。

キュレルのクリームのそれぞれの口コミは?

次にキュレルのクリーム、モイスチャーバーム、フェイスクリームの口コミを集めてみました。

クリームの口コミ

キュレル クリーム

ボディに使用しています。
最初は顔に何回も使ってみたが、キュレルのフェイスクリームよりちょっと重めの感じだったのでボディにチェンジ。
使用感はベタベタせずつけやすいです。香りもなくストレスなく使えます。保湿力は一般的なボディローションやボディミルクより高いと感じています。これからの冬でも十分活躍できそうと思います。(29歳)

出典:@cosme

サンプルを頂き使用しました。

顔にもボディにも使えるということでまず最初に顔に使用したのですがテクスチャーが意外と重たく感じました

同じキュレルの人気のフェイスクリームと比べるとけっこう重いです。

朝に使うとちょっとメイク崩れしちゃうので朝には不向きかな。

これから乾燥する時期になるのでボディクリームとして使用してみます。(34歳)

出典:@cosme

モイスチャーバームの口コミ

キュレル モイスチャーバーム

 

ボディケアアイテムのミニサンプルを頂いたのでレビューします。
モイスチャーバームは、こっくりしたテクスチャーで、特に乾燥が気になるところに重ねつけして使ってみたところ、とにかく保湿力がすごくてびっくりしました。
乾燥から頑丈に守っている、という感じです。
これからの季節に1つは持っていたいアイテムです。顔とからだ、どちらにも使えるというのも嬉しいです。サンプルを使い終わったら現品購入したいと思います。(43歳)

出典:@cosme

つけるとベタっとしますが冬にはいいかも。
肌が荒れてる時などに低刺激のものしかつけたくないときなどにおすすめです。(33歳)

出典:@cosme

フェイスクリームの口コミ

キュレル フェイスクリーム

特に乾燥が気になる部分に重ねて塗っています。これはよく伸びてあまりベタベタしません!そして、近所のドラッグストアでも購入できるのがいいですね。値段もお手頃です!(30歳)

出典:@cosme

ベタベタすることなく、サラッとしていて使いやすいです。(34歳)

出典:@cosme

口コミをまとめてみると…

・クリームも顔に使用できるけど、テクスチャーが重めなのでぬりにくい
・モイスチャーバームは、バームのわりにはこっくりしている。
保湿力も高くかつ低刺激なので顔にも身体にも使いやすい。
・フェイスクリームは保湿力もあるのにベタベタしないので顔に最適。
前に書いたように値段の差があるので、とりあえず低価格で顔も身体もキュレルで保湿したい人はクリームがおすすめ!
 
金銭的に余裕がある人は顔にはフェイスクリームがいいです。
 
モイスチャーバームは保湿力が高いので、クリームではものたりない、クリームは顔にぬりにくいといった場合に少しランクアップするといいですよ。
 

キュレルのクリームの違いは?フェイスクリームやモイスチャーバームと比較!(まとめ)

キュレルのクリームについてまとめてきました。

3種類の比較だったので、すこし分かりにくいので改めて表にまとめてみました。

キュレルのクリーム・モイスチャーバーム・フェイスクリームの比較

  外観 成分の特徴 効能 テクスチャー 内容量 値段
クリーム キュレル クリーム ・弱酸性 ・無香料 ・無着色・アルコールフリー 保湿・肌荒れ防止 重め 90g 1,500円
モイスチャーバーム キュレル モイスチャーバーム ・弱酸性 ・無香料 ・無着色・アルコールフリー 保湿・肌荒れ防止 こっくり 70g 1,800円
フェイスクリーム キュレル フェイスクリーム ・弱酸性 ・無香料 ・無着色・アルコールフリー・アレルギーテスト済み 保湿・肌荒れ防止 ベタつかない 40g 2,300円
どれを購入しようか迷っている方は、肌質や使用感、コスパ的なものなど、この表を参考にしてみてくださいね。
 

その他違いが気になる保湿剤についてはこちらでまとめています。
保湿剤を比較!違いを検証しました!

参考にしてくださいね。

 

私の楽天ROOMではコスパ最強の商品を紹介しています。

よかったらのぞいてみてくださいね。
楽天お買い物マラソンでお得に買える狙い目商品を楽天ROOMにまとめています。
>>>お買い物マラソン狙い目商品
こちらもチェックしてみてくださいね!
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました