KF94とN95マスクの違いは?わかりやすく解説します!

スポンサーリンク
KF94マスクとN95マスク マスク
スポンサーリンク

代表的な高機能マスクの一つとしてN95マスクが有名ですが、最近ではKF94マスクにも注目が集まっています。
KF94マスクとN95マスクにはどのような違いがあるのでしょうか?
素材や形状、使い心地に大きな違いはあるのでしょうか?
どんな時にどちらのマスクを使用すれば良いのか分かりやすくご説明いたします。

スポンサーリンク

KF94マスクとN95マスクの違いを簡単に説明します!

ますはKF94マスクとN95マスクの違いを簡単に説明します。

KF94マスクとは

KF94マスク

0.4ミクロンの粒子の侵入を94%以上遮断できるという、韓国食品医薬品安全庁が認定する規格をクリアしたマスクのことです。

N95マスクとは

N95マスク

0.3ミクロンの粒子の侵入を95%以上遮断できるという、NIOSH(米国労働安全衛生研究所)が認定する規格をクリアしたマスクのことです。

N95マスク、KF94マスクともに高い飛沫の遮断効果が期待されます。

遮断できる粒子の大きさに違いがあるため、より高い効果が求められる医療現場などではN95マスクが使用される傾向にありますが、日常生活での使用に関してはどちらも高い飛沫遮断効果が期待されます。

スポンサーリンク

KF94マスクとN95マスクの構造や性能の違いは?

N95マスクとKF94マスクの裏面

次は構造や性能の違いについて説明していきます。

KF94マスクの構造

長方形の3枚の不織布を長辺で縫い合わせたような構造になっており、使用する際には折り畳んである鼻側、顎側の上下2枚を広げて装着します。
上下2枚の部分を広げると立体的な構造になるので、鼻の下と口元に適度な空間を保つことができ、そのおかげで一般的なサージカルマスクに比べて呼吸や会話などがしやすい構造になっています。

この立体構造のおかげで、プリーツ状のサージカルマスクの装着時に顔の側面にできてしまうマスクと顔との間の隙間ができにくく、頬や顎にピッタリと密着させることができるので、より高い飛沫の遮断効果が期待されます

N95マスクの構造

N95マスクの規格をクリアしたものは百種類以上あり、その構造、形状も様々です。
お椀のような形のもの、折り畳んだものを広げて使うものなどがあり、どれも鼻にピッタリと密着するようにワイヤーが装着されています。

N95マスクは医療現場や工事現場などより高い防疫、防塵などが求められる場所で使用されているマスクです。
KF94マスクに比べて素材の不織布に厚みがあり、装着時に少々息苦しさを感じるほど遮断性が高いマスクです。
機能性の高さゆえに多少の呼吸のしにくさが伴うマスクですので、日常生活で長時間装着するのは難しいと感じる人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

KF94マスクとN95マスクの値段の違いは?

値段についてですが、N95マスクもKF94マスクも販売元によって様々ですが、一般的にKF94マスクよりもN95マスクの方が高いです。

KF94マスクはN95マスクに比べてお手頃な価格で手に入るので、日常的な使用を考えるとKF94マスクの方がN95マスクよりも経済的といえますね。

N95マスクはその機能性の高さから一般的なサージカルマスクの数倍の価格で販売されています。
日常的な使用を想定していない価格設定であることが予想されます。

スポンサーリンク

KF94マスクとN95マスクの使用感の違いは?

N95マスクとKF94マスクを立体化した状態

KF94マスクをつけてみると…

密着性は高いけど、鼻と口元に空間があるおかげで呼吸や会話がしやすいです。

N95マスクをつけてみると…

遮断性はかなり高そうですが、呼吸がしづらいので、普段使いには向いていない気がしました。
スポンサーリンク

まとめ:KF94とN95マスクの違いは?わかりやすく解説します!

KF94マスクとN95マスクはどちらも大変機能性の高いマスクです。

一般的なサージカルマスクに比べると非常に小さい粒子の透過を防ぐことができ、高い飛沫遮断効果が期待できるのと同時に、顔にしっかりと密着することによって自分の飛沫を周りに広げることも防ぐことができます。

日常生活を送る上で、防疫効果が非常に高いN95マスクの装着が求められるような場面は滅多にないことが予想されますので、同じく機能性の高さがありながら装着時に呼吸や会話などがしやすく、価格もN95マスクと比べて割安なKF94マスクは、高い機能と使いやすさの両方を兼ね揃えたマスクと言うことができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました