ソンバーユの液体とクリームの違いは?分かりやすく解説します!

ソンバーユの液体とクリームの違いは? 保湿剤

乾燥の気になる季節になると、馬油を使う人も多いですよね。

一番有名なのが、薬師堂のソンバーユでドラックストアなどでも見かけると思います。

そんな薬師堂のソンバーユには液状のものも販売されていますね。

それでは、ソンバーユの液体とクリームはどう違うのでしょうか?

ソンバーユの液体かクリームかで迷っている方の参考になるように

ソンバーユの液体とクリームの違いについてまとめていきたいと思いまうす。

スポンサーリンク

ソンバーユの液体とクリームの見た目の違いは?

まず、ソンバーユの液体とクリームの見た目の違いについてみていきます。

ソンバーユの液体

ソンバーユ 液状

ソンバーユのクリーム

※クリームに関しては、他にも種類があります。

スポンサーリンク

ソンバーユの液体とクリームの成分や効能の違いは?

次にソンバーユの液状とクリームの成分や効能の違いについてみていきます。

ソンバーユの液体とクリームの成分は両方とも全成分馬油です。

クリームの香りがあるものは香料も含まれますが、スタンダードなソンバーユは全て馬油が成分になります。

よって、液体もクリームも効能は同じということになりますね!

しいて違いを言うなら、浸透の速さは液体の方が早いです。

肌に潤いを与える効果は同じです。

スポンサーリンク

ソンバーユの液体とクリームの値段の違いは?

次に値段の違いですが、

ソンバーユの液体は55mlで2,200円でクリームは75mlで2,200円です。

液体の方が割高ですね。

ソンバーユの液体とクリームの違いについてネットでは?

ソンバーユの液体とクリームに違いについてネットの声を見てみました。

液状タイプを使ったことがある人は、液状タイプを推している人が多かったです。

匂いが少なく、使い勝手もいいようです。

少し、割高にはなりますが、気になっている人は液状タイプも使ってみるといいかもしれない。

ソンバーユの液体とクリームの違いは?分かりやすく解説します!(まとめ)

ソンバーユの液体とクリームの違いについてまとめてきました。

もう一度、分かりやすく表にまとめますね。

ソンバーユの液体とクリームの違い

成分 特徴 値段
液体 馬油 匂いが少ない
早く浸透する
55mlで2,200円
クリーム 馬油 夏は溶けてしまう 75mlで2,200円

ぜひソンバーユの液体かクリームか迷っている人は参考にしてみてくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました