ヴァセリンとリップの違いは?成分や値段の違いを詳しく解説します!

「ヴァセリン」はユニリーバ社から出ている保湿用のクリームで有名ですよね。

愛用している人も多いのではないでしょうか?

さらにヴァセリンにはリップも多数そろっています。

リップにも種類があり、「一体どれを選べばいいの?」「普通のヴァセリンクリームを唇にぬったらダメなの?」などと疑問に思っている人も多いはずです。

そこで、今回は「ヴァセリン」と複数のヴァセリンのリップの違いについて解説していこうと思います。

スポンサーリンク

ヴァセリンとリップの見た目の違いは?

まず、それぞれに見た目を紹介していきます。

ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー
ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー

こちらが普通の保湿クリームです。
内容量が40g、80g、200gの3種類あります。

ヴァセリン リップ
ヴァセリン リップ

こちらがクリームと同じ形のリップです。
画像で見ると同じように見えますが、フタの部分やパッケージが違いますね。
またこちらは内容量が7gで大きさは縦横たったの約3.5cmなのです!

ヴァセリン リップ ロージーリップス

このタイプのリップにはオリジナルの他に、ヴァセリン リップ ロージーリップスもあります。
唇をほんのりピンクにさせてくれます。

ヴァセリン リップ モイストシャイン
ヴァセリン リップ モイストシャイン

こちらは内容量20gでオリジナルとローズピンクとココアの3種類があります。

ヴァセリン ペトロリュームジェリー リップ
ヴァセリン ペトロリュームジェリー リップ

こちらはミニチューブタイプのリップです。
内容量は10gです。

他にヴァセリンのリップケアとして
ヴァセリン モイスチャーティントやヴァセリン リップセラム(リップ美容液)などもあります。

ヴァセリン モイスチャーティント     ヴァセリン リップセラム

 

スポンサーリンク

ヴァセリンとリップの成分や効能の違いは?

それではスタンダードなヴァセリンとヴァセリンのリップの成分や効能の違いは何なのでしょうか?

一つひとつ見ていきたいと思います。

ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー

まずスタンダードなヴァセリンクリームの成分についてですが、

ワセリン、酢酸トコフェロール、BHT

となっております。

こちらは高い保湿力を持っており、乾燥の気になるところにどこでもぬることができます
なので、もちろん唇にも可能です。
唇にぬることで縦じわや荒れが改善されます。

ヴァセリン リップ  オリジナル

次にヴァセリンリップですが、容器もスタンダードなヴァセリンにそっくりなので何が違うの?と思いますよね。

まずは成分から

ワセリン、トコフェロール、BHT、香料、黄4
スタンダードなヴァセリンと成分はほぼ同じですが、ヴァセリンリップの方が精製度が3倍高いそうです。
ですので、効果としてはほぼ同じですが、ヴァセリンリップの方が若干高い保湿力を持っているといえます。
ヴァセリン リップ ロージーリップスは成分が異なります。
ヴァセリン リップ モイストシャイン オリジナル
次に丸い缶の形が可愛いモイストシャインですが、成分
ワセリンのみ
です。
ローズピンクとココアは成分が異なります。
唇の荒れなどに対しては効果が劣りますが、しっかり保湿してくれます。
ヴァセリン ペトロリュームジェリー リップ
最後にチューブタイプのヴァセリン ペトロリュームジェリー リップの成分
ワセリン、香料、トコフェロール、BHT
こちらはヴァセリンリップとほぼほぼ同じですね。
なので、効果的にもヴァセリンリップと大差ないでしょう。
スポンサーリンク

ヴァセリンとリップの値段の違いは?

次に値段の違いについて見ていきましょう。

まず

ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー40g→320円80g→520円200g→720円です。
ヴァセリン リップ7g→426円
ヴァセリン リップ モイストシャイン20g→649円
ヴァセリン ペトロリュームジェリー リップ10g→320円

となっております。

※マツキヨオンラインストア参考(店舗によって価格は異なります)。

これを見ただけでも価格に差があることがわかりますね。

さらに分かりやすいように、1g当たりの値段に換算してみます。

ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリーは(40g)1g→8円、(80g)1g→6.5円、(200g)1g→3.6円です。
ヴァセリン リップ1g→60円
ヴァセリン リップ1g→32円
ヴァセリン ペトロリュームジェリー リップ1g→32円

ヴァセリン リップ モイストシャインと④ヴァセリン ペトロリュームジェリー リップはほぼ同じ値段ですが、②ヴァセリン リップが格段に高く、①ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリーはかなりお得なのがわかりますね!

ヴァセリンとリップの違いについてネットでは?

ヴァセリンとリップの違いについてネットの声を集めてみました。

ネットの声をまとめると、

・普通のヴァセリンをリップとして使っている。
・ヴァセリンリップは可愛くて、持ち運びやすい。
・缶タイプはパッケージがおしゃれで、リップの下地にも使える。
・チューブタイプは手が汚れにく使い勝手が良い。
という感じでした。

ヴァセリンとリップの違いは?(まとめ)

ヴァセリンとリップの違いについてまとめてきました。

思ったよりも種類が多かったですね。

もう一度、分かりやすく表にまとめてみます。

ヴァセリンとヴァセリンリップの違い

見た目 内容量 成分 効果 値段(1g当たり)
ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー 40g・80g・200g ワセリン、酢酸トコフェロール、BHT 高い保湿力・荒れ改善 (40g)→8円・(80g)→6.5円・(200g)→3.6円
ヴァセリン リップ  オリジナル ヴァセリン リップ  オリジナル 7g ワセリン、トコフェロール、BHT、香料、黄4 高い保湿力・荒れ改善(若干優れている) 60円
ヴァセリン リップ モイストシャイン オリジナル ヴァセリン リップ モイストシャイン オリジナル 20g ワセリンのみ 保湿・リップ下地としても使用可 32円
④ヴァセリン ペトロリュームジェリー リップ ヴァセリン ペトロリュームジェリー リップ 10g ワセリン、香料、トコフェロール、BHT 高い保湿力・荒れ改善 32円

とにかくコスパ重視の人はスタンダードなヴァセリン。

高い効果や持ち運びやすさ重視の人はヴァセリンリップ。

オシャレさを重視するなら缶タイプのヴァセリン リップ モイストシャイン。

使いやすさを重視するならチューブタイプのヴァセリン ペトロリュームジェリー リップといった感じでしょうか…。

後は、実際に使用してみて自分に合うかどうかですね。

ヴァセリンのリップで迷っている人の参考になれば幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました