保育園のお迎えに父親が行く割合は?パパが送迎するメリットとは?

スポンサーリンク
保育園のお迎えに父親が行く割合は?パパが送迎するメリットとは? 保育園
スポンサーリンク

保育園のお迎えは父親母親どちらが行っていますか?

最近では育児に積極的な男性が増えているので、お迎えでもチラホラ父親を見かけるようになりましたが、それでもまだまだ圧倒的に母親のお迎えが多いですね。

保育園のお迎えに父親が行くのは、実はメリットが多いんですよ!

メリットを知ると、お迎えを父親に「お願いしてみようかな?」と思うはずなので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

保育園のお迎えに父親が行く割合はどのくらい?

保育園のお迎えにパパが来た様子

保育園のお迎えに父親が行く割合は2~3割です。

2018年に行われた第6回全国家庭動向調査によると、

<育児の種類別にみたの育児遂行頻度の割合>
保育園などの送り迎え:毎日・毎回88.1% 週3~4回7.2% 週1~2回2.2%

となっています。
これは妻が送り迎えに行っている割合なので、父親が行くのは週に何回か、程度だということです。

私が行っていた保育園ではもう少し多くの父親の姿を見かけましたが、それでも圧倒的に母親が多かったです。

スポンサーリンク

保育園のお迎えに父親が行けない理由とは?

パパが手で×を作っている様子

保育園のお迎えに父親が行けない理由は、大きく分けて2つあります。

仕事の時間

一番の理由は、仕事の時間です。

母親は子どものことを考えた条件で復職したり、転職する人が多いです。
男性が子どものことを考えて仕事を変えることは少ないですよね。

そうなると、朝はまだ会社に行くついでに保育園に送って行けますが、お迎えの時間に合わせて仕事を終わらせるのは難しいのが現状です。

  • 残業がある
  • 会社が遠い
  • 交代制で時間がバラバラ
  • 営業職で就業時刻が定まらない
  • 出張が多い

保育園のお迎えに行くとなると、定時にあがれる仕事や在宅勤務でないと難しいので、行きたくても行けないのが実際のところです。

行けるなら行きたいんだよ。

育児に消極的

父親がお迎えに「行きたくても行けない」のならまだいいのですが、育児に消極的で「お迎えに行きたくない」と思っている父親もいます。

  • 送り迎えは母親がするもの
  • 父親が行くなんて恥ずかしい
  • 先生や他の保護者とのやり取りが面倒

父親の言い分はこれぐらいでしょうか。
許せる言い分ではないですが、こう思う男性が多数いるのも事実です。

お風呂に入れる、あやして遊ぶなどは家にいてできることです。
お迎えとなると他の人との関りもあるので面倒に思うのでしょうね。

お迎えなんて無理無理!

スポンサーリンク

保育園のお迎えに父親が行くメリットはたくさんある!

パパと女の子が手をつないでいる様子

保育園のお迎えに父親が行くメリットはたくさんあるんですよ!
ひとつずつ解説しますので、父親にメリットを伝えてお迎えに行ってもらいましょう!

子どもの家とは違う顔を見ることができる

保育園のお迎えに行くと子どもの、家とは違う顔を見ることができるのが大きなメリットです。

  • 家では甘えん坊なのに保育園ではしっかりしている姿
  • 仲良くしている友だち
  • 家ではできないような遊びをしている姿
  • 先生との関わり方

お迎えに行くだけでも、家では見ることができない子どもの顔を見ることができるんですよ!

先生に子育ての相談ができる

お迎えに行くことで、先生に子育ての相談をする機会ができます。
父親はなかなか育児相談をする機会はないですよね。
保育園に送ってはいたとしても、朝はそんな時間ありません。

お迎えの時なら、1日の様子を聞くついでに子育てで悩んでいることがあれば「少しいいですか?」と先生に聞いてもらいましょう。

先生と話し込んでいる父親には好感しかありません!

子どもの成長を感じることができる

小さい頃から子どもを預けていると、用意はすべて親がしないといけませんが、子どもが大きくなってくると自分で用意するようになります。

親はラクになるとともに成長を感じることができるんですよ。

赤ちゃんだった我が子が歩くようになり、友だちと遊び、保育園のことを説明してくれて、日々成長していく姿を見れるのはうれしいものですね。

子どもと接する時間が増える

お迎えに父親が行くと、子どもと接する時間が増えます。
帰りながら今日の出来事や友だちの話を聞いたり、帰ってからもこどもとゆっくり過ごすことができます。

1日の中にこの時間があるかないかは大きな違いだと思いませんか。
子どもと一緒に過ごしている姿を微笑ましく見れますよね。

パパ友ができる

保育園のお迎えに父親が行くことで、パパ友ができることがあります。
子どもや母親から話を聞いていると、子どもと仲のいい友だちのパパさんに出会った時に「いつも話は聞いています」と話しやすいですね。

私の旦那に子どもが5歳児の時にできたパパ友がすごくいい人で「もっと早く声かけとけばよかった~!」と言っていました。
保育園に行ってなかったらパパ友なんてできてないと思います。
 
パパ友ができると運動会などのイベントでもメリットがありますよ。
保育園の運動会の場所取りについて
 
パパ友ができてから情報を共有し合って運動会の場所取りなども積極的になりました。

イベントが楽しくなる

普段からお迎えに行っていると、顔見知りの母親やパパ友がいるので、運動会や発表会などで交流ができ、保育園のイベントが楽しくなります。

他の子どものことも把握できているので、我が子だけではなく他の子の出番も楽しく見ることができます。

まったく他の子を知らず、我が子だけしか見ないのと、他の子の出番も見るのとでは、全然楽しさが違いますよ。

母親が助かる

保育園のお迎えに行くと、何より母親が助かります!

夕方は家事に追われる時間帯。
父親がお迎えに行ってくれている間に家事を済ますことができます。

また仕事から時間を気にして慌てて帰ってこなくてもいいのです。
父親がお迎えに行くことを嫌がる母親なんていないはずですよ!

助かるー!!!

職場で高評価

「これから子どものお迎えなんで」と仕事を切り上げて帰れば、職場で高評価されること間違いなしです!

「家ではイクメンなんですよ~」と言うだけなら誰にでもできます。
実践している姿を見ると職場の人も「奥さんと協力してるんだな」と思います。

家庭のことをちゃんと考えて実践している人の評価は上がるに決まっています。

スポンサーリンク

保育園の先生もパパのお迎えは大歓迎!

保育士さんがグッドポーズをしている様子

パパがお迎えに行くメリットをご紹介しましたが、保育園の先生もパパのお迎えは大歓迎なんですよ!

家でのパパとの様子が分かる

お迎えに来た時に話すことで、家でどのように子どもとパパが関わっているか様子が分かります。

パパ目線で見た子どものことも聞けますし、先生としては貴重な話を聞けるいい機会になるのです。

パパ同士のつながりができることで行事での協力を頼みやすくなる

お迎えにパパが来るとパパ同士のつながりができて、行事での協力を頼みやすくなります。

保育園の先生はほとんどが女性ですよね。
行事の時は特に、男手がほしい時があります。
頼めるパパさんがいることは、先生たちにとっても助かるんです。

実際私の旦那は、運動会の時にテントや遊具を動かすのを先生から頼まれました。
1度頼まれると毎年頼まれるんですよね。
頼まれてるパパさんは、大体毎年同じ顔触れでした。

防犯効果にもなる

父親がお迎えに行くと、防犯効果にもなります。

女性ばかりの先生と子どもしかいない保育園は、犯罪者に狙われやすい場所です。
父親がお迎えに行っている姿をよく見かけると、犯行する気がなくなり犯罪の抑止力になります。

スポンサーリンク

保育園のお迎えに父親が行くとどう思われる?

パパが女の子を高い高いしている様子

保育園のお迎えに父親が行くとどう思われるのか、任せている母親としては気になるところですね。

ハッキリ言うと、素敵!としか思いません!

  • 夫婦で分担できてるんだな
  • 責任持って子育てしてるんだな
  • 仕事の時間が合うのか、在宅なのかな

父親が仕事の時間的にお迎えに行けなくて、自分が100%お迎えに行ってると、父親がお迎えに来ているのを見てうらやましいと思ったことはないですか?

たまーに父親がお迎えに来ているのを見てヒソヒソ言う人がいるかもしれませんが、そういう人たちは勝手に勘ぐって噂しているだけなのです。

子どもの父親がお迎えに行って悪いわけがありません!
堂々と我が子のお迎えに行くといいと思います。

お迎えに行くのが恥ずかしいと思っている父親は、まだお迎えはほとんどが母親だから、その中に入るのが恥ずかしいと思っているのでしょうね。

全然恥ずかしくないよ!

スポンサーリンク

保育園の送り迎えは分担しよう!

仲の良い夫婦

保育園の送り迎えは分担出来たら一番いいですね。

  • 送りは父親、お迎えは母親
  • 仕事の時間によって父親が行ける時は行く

毎日じゃなくても、「この日は俺が行けるから行くよ」と言ってくれたら、泣いて喜ぶ母親はたくさんいます!

それぐらい、保育園の送り迎えをしてくれることって母親にとって嬉しいことなんです。

子どもと関わろうとしてくれること、積極的に保育園に行こうとしてくれること、私をラクさせてくれること、送り迎えをするだけでも嬉しいことがたくさんあるんです!

今日は俺がお迎え行くよ!

ホントに!?助かる!

スポンサーリンク

まとめ:保育園のお迎えに父親が行く割合は?パパが送迎するメリットとは?

保育園のお迎えに父親が行く割合は2~3割とまだまだ少ないです。
恥ずかしいとか、母親がするものだと思っている人がいるかもしれませんが、そんなことはありません!

パパが送迎するのにはメリットしかないと思うので、これからどんどん積極的に送迎するパパが増えたらいいな、と思います。
「こんなメリットがあるんだよ」とさりげなく伝えていくと、父親がお迎えに行ってくれるようになりますよ!
うまくその気にさせちゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました