カルテヒルドイドの濃度は?ヘパリン類似物質の含有量はどれくらい?

カルテヒルドイド 濃度 ヘパリン類似物質

ヒルドイドの本家マルホ株式会社と化粧品メーカーのコーセーが
コーセーマルホファーマ株式会社を設立し、Carté(カルテ) ヒルドイドという商品を開発しました。

本家のヒルドイドのヘパリン類似物質の含有量は0.3%ですが、カルテヒルドイドは何%のヘパリン類似物質が含まれているのでしょうか?

今回は、カルテヒルドイドのヘパリン類似物質の濃度について調べてみました。

スポンサーリンク

カルテヒルドイドのヘパリン類似物質の濃度は?

カルテヒルドイド

カルテヒルドイドのヘパリン類似物質の濃度についてですが、カルテヒルドイドの公式サイトでは公表されていません

企業秘密ということみたいですね。

しかし、ヘパリン類似物質の含有量は次のようになっています。

0.3%以上含有→医薬品
・0,2%以上含有→第2医薬品
・0.1%未満含有→医薬部外品

カルテヒルドイドは医薬部外品です。

よって、カルテヒルドイドのヘパリン類似物質の含有量は0.1%未満ということになりますね。

 

カルテヒルドイドの類似品であるヘパトリートの成分についてはこちらに書いてあります。
ヘパトリートの成分は?ヘパリン類似物質の濃度はどれくらい?

 

ヘパリン類似物質含有の医薬部外品にはヒルドプレミアムヒルセリンなどもあります。

 

価格も含め自分に合ったものを使用したいですね。

スポンサーリンク

ヘパリン類似物質とは?

カルテヒルドイド

そもそもヘパリン類似物質とは

ヘパリン類似物質は、乾燥肌治療成分として、50年以上使われてきた成分です。
ヘパリン類似物質とは、体内にある「へパリン」という物質と似た成分で、
保湿」「血行促進」「抗炎症作用の3つの働きがあり、乾燥肌に優れた効果があります。
この3つの働きは、肌の内側から新陳代謝をうながすため、
一時的な保湿とは違い、乾燥荒れ肌の根本的な解決に繋がる成分だということが分かります。

Saikiの公式サイトより引用

体内にある「ヘパリン」という物質は、血液が固まらないようにしてくれます。

ヘパリン類似物質はこの体内の「ヘパリン」と似た化学構造を持つので、「ヘパリン類似物質」とつけられました。

カルテヒルドイドは医薬部外品であることから、副作用が少なく毎日のスキンケアに適した濃度で配合されています。

カルテヒルドイドは安心して日常的に使い続けることができるのですね。

スポンサーリンク

カルテヒルドイドの濃度についてネットでは?

カルテヒルドイド

カルテヒルドイドの濃度についてネットでも色々な声があるようです。

ヘパリン類似物質0.3%配合のものが合わなかった人が、カルテヒルドイドは肌に合っているという声もありました。

ヘパリン類似物質の濃度が低いことで、副作用が少なく肌に合う人もいるのでしょうね。

カルテヒルドイドの濃度は?ヘパリン類似物質の含有量はどれくらい?(まとめ)

カルテヒルドイドのヘパリン類似物質の濃度は、明確には公表されていませんが、医薬部外品であることから0.1%未満ということになります。

ヘパリン類似物質の濃度が低いことで副作用が少なく、日常使いもできますので、本家ヒルドイドやその他のヘパリン類似物質0.3%のものが合わなくて、かつ日常使いしたい人には向いている商品と言えますね。

 

カルテヒルドイドの類似品であるヘパトリートの成分についてはこちらに書いてあります。
ヘパトリートの成分は?ヘパリン類似物質の濃度はどれくらい?

参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました